FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

年金磯釣り師

風速22mの旭洋杯 

支所船主催の旭洋杯へOB会員5人が参加しました。メインの前夜祭が急遽、居酒屋の「ばあば」が休業で、近くの居酒屋に変更しブロ友のクエ釣れん師さんも合流し安全祈願をして支所船で仮眠です。丸亀のクエ釣れん師さんは車中泊でした。
仮眠中も支所船は縦横揺れでした。翌朝、ラッキョマンが合流し、支所船は潜水艦ごとく二並へ・・・
H31,3,31(1)
事前に船頭さんへお願いし、5人はクジをパスして最後に渡礁することに。二並島周辺しか上がれず、支所船は、大小~ノコと割込みで大会組を降ろし残った5人は、定番の弘瀬堤防に分かれて渡堤した。
H31,3,31(2)
当初の目的は達していたので、(前夜祭)、のんびり竿を出せるのが条件で釣果は当てにしていなく、のんびりとビールを飲み、弁当を早めに食べ、早めに竿を仕舞ってスマホをいじっている癒着マンです。
クーラーの中は氷も残っていませんでした(大笑)
H31,3,31(4)
何とかお土産でもと思い、竿を出し続けた釣果です。本命の気は全くなくて根魚を・・・・オジサンは本来はお帰りになる魚ですが、炊き込み飯用にキープです。ガシラは唐揚げ用に(涙)
H31,3,31(3)
帰港後の検寸状況です。
船頭さんと管理人さんですが、いつもの景品が並んでいます。これからが、我がクラブ員の本領発揮となります。
H31,3,31(5)
グレは僅か2枚のみでした。優勝したのは、ハンドルネーム「ながれ」さんというN森さんです。どこにいても1オクターブ高い声量ですぐに居場所がわかる方で、いつも笑い声が絶えない御仁さんです。おめでとうございます。
H31,3,31(6)
表彰の状況です。
H31,3,31(7)
お楽しみ抽選で、遊び人さん・山猿さんと連続でゲット。
H31,3,31(10)
久しぶりのラッキョマンも。ラッキョの収穫が忙しくなるので、6月ごろまで釣りは、しばらく休みです。
H31,3,31(12)
私も連荘でカップ麺をゲットできました。
早めに帰らなければならなかった癒着マンも景品が当たり、釣果はアウトでも全員が景品をゲットしました。
H31,3,31(11)
スポンサーサイト

category: 大会

cm 3   tb 0   page top

第3回大会 

クラブの第3回大会へ参加です。
前日にいつもの居酒屋でOBメンバー5人が前夜祭。引き続いて支所船で2次会後、爆睡です。参加者は10人と寂しい限りです。
支所船は、弘瀬で泊りを積み三ノ瀬へ・・・北西が吹いており午後から大荒れの予報でした。泊りを降ろしクラブ員はスクモに遊び人さん・癒着マンペアーが渡礁。クジ3番のラッキョマンと4番の私がノコへ。準備する間もなく足元を波が!!・・年寄りはヤバイので即・・船頭さんへ電話・・で替わったのが宮ノ下の港向きです。ラッキョマンは宮ノ下へ。
H31,2,9(1)
周辺状況ですが釣果が上がっているカモヒメです。まともに風を受けるのか誰も渡礁していないようです。
H31,2,9(3)
弘瀬集落です。この時点では風も強くなかったが、12時のサイレンがなるころから突風が巻き込みだして、全く釣りにならず1時には納竿しました。今回も2週連続で、午後の巡行船の欠航が放送されました。
H31,2,9(2)
仕掛人釣果です。弁当船までに本命とイシダイをゲットできました。本命は腹がパンパンで白子を出していたので楽しみでした。
ラッキョマンは、弁当船で再度弘瀬堤防へ変わり、本命を9枚ゲットしたようです。
H31,2,9(4)
支所船は、大部分が磯替わりした姫島~三ノ瀬~母島堤防~養殖場と回収し港へ。巡行船が欠航するほどの強風ですから結構な揺れでしたが、ほとんど爆睡していました。
H31,2,9(6)
クラブの最終大会ですが、これで年間大物賞が決定します。皆さん検寸状況が気になるところですが、何とグレを釣ったのは3人だけでした。
H31,2,9(7)
グレの部1位は、癒着マンでした。尾長の44.cmチョイじゃったかな??三ノ瀬のスクモから姫の南のイソに替わっての釣果です。スクモではイセギ4枚の釣果じゃったようで、相方の遊び人さんは港で「氷はいらんか??」・・と言いよった。
H31,2,9(10)
その他の部で1位の棒ウキです。ワカナ??じゃったかな
H31,2,9(12)
支所船会員を対象に渡船割引券が貰える催事があり、1月のグレの部1位を善平さんがゲットです。今回は開拓精神で磯を決めたようですが釣果は??でした。
H31,2,9(9)
何と!!グレの部2位の仕掛人ですが割引券をゲットしました。1位しか貰えないと勘違いしていたようでラッキーです\(^o^)/。
H31,2,9(11)
これで、クラブの大会は終了です。後は2尾での長寸で年間大物賞が決定されます。5月の総会での受賞となります。

category: 大会

cm 0   tb 0   page top

オデン杯 

釣行2日目は、釣り友が主催の「オデン杯」に参加です。
お世話になった支所船の宿です。新年会でやり過ぎたようで8時過ぎから爆睡して記憶がありません。しっかりと朝食も取り準備万端でした。
H31,1,13(2)
ピンボケですが、港で大会組を乗せた支所船を待っています。ところが、支所船のエンジン音が聞こえたころ突然、某先輩が「大会組を降ろした後で船に乗ることにしよう」・・で船頭さんと相談すると「他の船も釣り人が多く希望の磯は難しいが構まん??」・・・・皆さん了解で、1時間程港で待機です。
H31,1,13(1)
支所船が大会組を降ろし帰り、乗船し2分で到着した堤防です。ここに4人が降りて、すぐ沖側にある小島に棒ウキが渡礁。
仕掛人の場所です。年末に良い釣果があったポイントです。前日に弁当船でラッキョマンが上がってそこそこの釣果があったようです。(ラッキョマンは地元の用事で2日はパス)
H31,1,13(4)
すぐ並びに遊び人・山猿両先輩が竿を出しています。山猿さんと2人で上がるの予定が、希望の磯に先客が居て、やむなく上がった善平さんと遊び人さんです。
H31,1,13(3)
善平さんは?北西が吹きまくる堤防の上で、沖向きに根性で竿を出していました。
山猿さん曰く「この堤防は田舎の学校のグランドより広い」とのこと。(旧池川町の山奥ですから納得!!)
H31,1,13(5)
この堤防の高さは8m程で掬い玉が届かず、竿の弾力で抜き上げることに。近づくと竿を曲げており様子見をすると、何と道糸を引っ張り上げて本命をゲットしました。
H31,1,13(6)
結構なイシダイとグレです。
イシダイは45cm程で、満潮時だったので遊び人さんが腹ばいで掬えたようです。グレは4枚で、この1枚がまさかの〇〇になるとは!!
H31,1,13(7)
↓仕掛人釣果です。
本命はアウトでしたが、美味しい土産が確保できました。
H31,1,13(8)
帰港後の様子です。支所船の駐車場で検寸と表彰の準備ですが、この大会は必ず酒類が景品に並びます。今回もズラーと・・準備中に大将が1本割ってしまい、周辺は酒の匂いがプンプンでした。
H31,1,13(9)
・・・でクラブ員ですが、何と善平さんが3位入賞でした。
前日のクラブ大会で、親子ウキさんと握って5千円取られたようですが、これでおつりがくるのでは??
H31,1,13(10)
表彰後は、くじ引きで景品があたります。・・・仕掛人は清酒を。
H31,1,13(12)
山猿さんも、さすがです。ウイスキーをゲットです。
前日には、クラブ大会でその他の部で1位でした。
H31,1,13(11)

category: 大会

cm 0   tb 0   page top

第2回大会 

12日(土)にクラブの第2回大会が沖ノ島で開催されました。参加者は9名と少なく、その内7名がOB会員でまっこと年寄りクラブと変名する事になりそうです(´。・ωq)(pω・。`)。
前夜に船頭さんを交えて前夜祭を開催し、支所船で爆睡です。船頭さんは、全員が船に乗るまで最後まで監視役??・・・理由は(ナイショ)
くじ番号が2番で、前日に釣果があった??大小島の西に渡礁した。
H31,1,12(1)
相方は、くじ1番の棒ウキさんでした。
棒ウキさんは、船着きで・・・私は一段低い場所だったが波が駆け上がってきだしたので、すぐ横に移動です。くじ3番の善平さんはすぐ横のスベリで竿出しでした。
20190112153200806.jpg
朝から冷たい雨がシトシトと昼過ぎまで降り続いたので写真はこれまでです。
潮はゆっくりと沖向きに引かれて感じは良かった。仕掛は、ハリス2号を2ヒロ、ハリ6~7号、仕掛人ウキG2で、タナ2ヒロ半からスタートです。
撒き餌をしてもエサ取りの動きは悪く、タナを少しずつ深くし3ヒロで餌が取られだした。雨の中、我慢の釣りとなったが、しばらくしてマッハのウキ入れがあり、何とか止めると竿をたたく引きで正体が判明??ゆっくりと浮かすと大正解の「サンタ」でした。次の当たりはちょっと違う?少し真剣になり竿を横にしながら・・・正体は??これが釣れれば今回は終了の「ヒダリマキ」でした。
相方さんも頻繁に竿を曲げ、強引な釣りを披露していました。正体はサンタで、これまった、釣ってはいけないヒダリマキも。
H31,1,12(2)
最悪の海況でしたが、潮の動きが変わる時間帯があり、タナを2ヒロ半に戻してゆっくりと流すと、ウキがゆっくりと沈みこむ当たりで、しばらく待ってかけ合わすとグ~ンと乗り、竿の弾力で浮かすと尾が白く本命でした。何とか2枚確保して年間大物賞にエントリーすることができました。
その晩は、支所船の宿で恒例の新年会でした。OB会員の5人だっけで寂しい新年会になりました。翌日に釣り友の大会の「オデン杯」に参加することに。
5時過ぎから、管理人さんの美味しい料理を頂きながら楽しい時間が過ぎていきました。とにかく飲む!!歳とともに食する量は減りますが、飲む量は変わらない方々です。最初にビールで喉を潤し、次はいつもの「お酒」です。私は焼酎党ですが今回はお付き合いです。管理人さんが「2合徳利で何本?」の問いに、「取り合えず5本」・・・???・・その後、追加をしたのは言うまでも。
翌日は、「オデン杯」への参加ですが、結果は・・・・お楽しみに。

category: 大会

cm 0   tb 0   page top

第1回大会 

クラブの第1回大会が数年ぶりに足摺で開催されました。
前日から入り、車中泊で準備万端で臨む予定が、ちっくと飲み過ぎと数年ぶりの車中泊で腰痛の信号でヤバイ状況でした。くじ番号が2番でした。
利用した岡野渡船さんですが結構な釣り人で、西から順次降ろし、灯台を回って東に。
H30,12,8(4)
くじ1番の親子ウキさんと渡礁したのがコウジバエでした。親子ウキ先輩にポイントを決めてもらい、右沖向きで竿出しを。満潮時で波が駆け上がり要注意でした。
H30,12,8(3)
沖側にあるシイガハエには、今シーズン早々にクラブで超有名人になった山猿・癒着マンコンビが渡礁しています。
H30,12,8(2)
毎回、善平さんと握っている親子ウキさんですが、善平さんが不参加のためプレッシャーがなく、早々に竿を曲げています。
H30,12,8(1)
第1号の本命でした。親子ウキさんんは連荘で本命をゲットしていました。
H30,12,8(5)
仕掛は、ハリス2号、針グレ6号でタナは2ヒロからスタート。潮はシイガハエ向きにゆっくりと流れており、期待が持てたが竿を曲げるのは25前後ばかりでした。取り合えず検寸できる1尾をキープして弁当です。
お茶のミニポトルが付いていますし、暖かい飯は久しぶりで、美味しくいただきました。
H30,12,8(6)
足元に溜りがあり、取り合えず検寸用の本命を生かしておきました。
H30,12,8(7)
弁当後、北西(北?)の風が強くなり釣りづらくなった。ウキを2Bに変えタナを2ヒロに固定し3Bのガン玉でゆっくりと沈ませながら流すと竿先に当たりがでて、ゴールデンタイムが始まりました。サイズは30前後の足摺サイズで、全て抜き上げました。
納竿後、血抜きしてクーラーへ。弁当後の爆釣で11枚を数えましたが、ヤッパリサイズが!!・・・贅沢ですね。
H30,12,8(8)
寄港後の検寸状況です。皆さん足摺サイズですが釣果があったようで、後は数ミリでの勝負になりそうでした。
現職で唯一参加の替玉会長が事務局も兼務して検寸の準備です。
横では、10万余りを費やして竿ケースや竿等や防寒着も新調した(何故か??)癒着マンも登録したようです。
H30,12,8(10)
グレの部1位の親子ウキさんでした。35.0cmじゃったかな??写真のグレじゃったようです(^ω^ ≡ ^ω^)。
ちなみに私のグレは、33.5cmでした。年間大物賞は2尾長寸で決まりますので登録しました|д゚)チラッ。
H30,12,8(9)
超有名人になったコンビですが、さすが転んでも(落ちても)タダでは起きない山猿さんです。その他の部のテスで1位をゲットです((((;゚Д゚)))))))。
H30,12,8(12)

category: 大会

cm 3   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

StyleKeeper