03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

年金磯釣り師

イセギ料理 

旭洋杯釣果のイセギ料理です。
イセギの旬は6月頃ですが、既に真子があり半分程度熟しており、今シーズンは産卵が早いかな??
H30,4,1(13)
定番の刺身と押し寿司用に4尾をおろし残りは、ストック用に冷凍保存にしました。
H30,4,1(14)
刺身は脂の乗りもグットで、イセギ独特の甘みもありビール~焼酎と進みます。アラは、甘辛く煮込み身をほぐして食しますが、これも「たまりません!!」
野菜は、農園産のブロッコリーや20日大根等のサラダ類でした。
H30,4,1(15)
嫁が久しぶりに、イセギの押し寿司を作ってくれました。
大葉(セイソウ)を挟んだものは独特な風味が酢飯と合って最高!!です。皮が硬いと食べ切れないので、皮をバーナーで炙りましたが新鮮なため、身が反り返ってしまいました。
H30,4,2
スポンサーサイト

category: 料理

cm 3   tb 0   page top

シャブ膳 

釣行後の定番料理です。
今回は、グレ・イセギのシャブシャブで晩餐会でした。出し汁はアラと昆布出汁で、外回りがイセギで中心部がグレです。
H30,3,25(2)
これに定番の豆腐と野菜は農園産の白菜と水菜を。サラダ風にブロッコリーとラデッシュ(20日大根)を
H30,3,25(3)
マヨネーズをかけてラデッシュのピリ辛がたまりません!!・・一応農園産ですよ。
H30,3,25(6)
飲み物は、70%糖質オフの淡麗(一番搾りを飲みたい)と残り1本となった伊佐美のお湯割りです。
H30,3,25(5)
グレの脂が凄くて今回は、モチモチ食感や甘みでグレの勝ちでした。
水菜もシャキシャキ食感がありいくらでも入ります。ただ、専業主夫で帰れず、育ち過ぎて今シーズンは終了みたいです。
H30,3,25(4)

category: 料理

cm 0   tb 0   page top

お久のグレ刺身 

ストレス解消釣行で顔を見たグレの刺身です。
腹はパンパンの白子が・・・・・尿酸値が心配ですが、あのトロリ食感と、とろける味の誘惑には負けます。
H30,3,17(1)
脂の乗りが凄く、何度も刺身包丁を拭き直し、盛り付けました。
予想通りのモチモチ食感に、ほんのりの甘みがあり至福の味でした。
先に5枚ほど醤油漬けにして、最後に熱々のお茶漬けで締めましたが・・・イヤハヤ・・・幸せな晩餐でした。
H30,3,17(2)

category: 料理

cm 2   tb 0   page top

グレの魚飯 

竿を出していないのでグレの刺身が食べられず、味を忘れてしまいそうなお城下です。
久しぶりに冷凍保存していたグレを使って魚飯(炊き込み飯)を作ってみました。

解凍し3枚におろして、炊飯器に昆布と醤油(濃口・薄口)を適量いれてスイッチオンです。
H30,3,4(1)

炊きあがれば、昆布と身を取り出して中骨を取り除き、戻して混ぜ合わすと出来あがりです。しっかりとおこげも出来ていました。
H30,3,4(2)

category: 料理

cm 0   tb 0   page top

フノリの酢物 

深夜から早朝にかけた暴風雨は、台風並みで何度も目が覚めたお城下です。被害がないことを祈っています。
昨晩は、初収穫したフノリを使って酢物を作ってみました。
採れたては茶系統の色で、ノリの名前のごとくでヌメリがあります。幡多の方では食習慣がありますが高知では、あまり聞きなれないみたいな食材??・・・かな。
H30,2,28(4)
これに熱湯をかけると緑色に変色し、若干ヌメリも取れて柔らかくなります。
H30,2,28(5)
今回は、キュウリとゆでタコを入れて、特製直七ポン酢入れ、直七の生酢で味調整をしてみましたが、不思議に色は元に戻ります。
フノリのコリコリ食感と磯の香りが広がって、晩酌の肴にグー・・・でした。
冷蔵庫で保管し、しばらくは晩酌の友です。
H30,2,28(6)

category: 料理

cm 4   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

StyleKeeper