FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

年金磯釣り師

グレはいずこか? 

週末は、農園管理と幼友達との宴会用の肴を確保するため、天気予報を狙みながら風が弱い日を選び12日(金)に出撃です。
支所船は、沖の島滞在のため岡崎渡船さんにお世話になり久保浦の堤防で乗り換えです。
泊り客に知り合いのW田さんがおり、当日も昼過ぎから風が出る予想とのこと??((((;゚Д゚)))))))(エ!!)
泊りを裸~二並に降ろして渡礁したナカバエです。3月にも渡礁し、大風で途中で磯替わりした磯です。
20190412081158401.jpg
弁当船が来ても根性で頑張るつもりで磯替わりをせずにいたが、更に北西が強くなりダハハの磯替わりです。゚(゚´Д`゚)゚。。
船頭さんの勧めで白岩廻りの「クボリ」へ
H31,4,12(1)
↓ この時点では、巻き込む風も弱く釣りには支障はないようでした。
H31,4,12(2)
取りあえず、弁当を食べて後半戦へ・・・・
H31,4,12(3)
しばらくすると、巻き込む風が強くなり、前にも三角波が打ち寄せるように
H31,4,12(4)
弘瀬向きも白波が立ちだして、釣りにならず12時頃からは昼寝タイムとなりました。
H31,4,12(5)
一応、お土産は確保していますよ!!。
ナカバエで風が強くなる前にイセギ3枚を確保していました。
その晩の宴会に刺身を作って出しましたが、脂ものって独特な甘みで大評判でした。既に白子と真子が入っていました。
H31,4,12(7)
スポンサーサイト

category: 釣り

cm 3   tb 0   page top

まさか?の出来事 

週末の天気予報で、風弱しを信じて12日(金)に単独釣行でした。結果は、ヤッパリと言うか当然と言うか風男は健在で全く釣りにならず、昼寝をし終了でした。

ところがだ!!・・・これからが信じられない出来事が、・・・迎えの支所船に乗り裸島近くにくると、突然、支所船はスピードダウン?
何事か??と操舵室へ。

船頭さんから魚が浮いているので見てきて・・・で舳先に行くと・・何とクエが??それも生きているでは??何度も、支所船のフック棒で引っ掛けようとしたが、下手くそでアウトです。残念ながらクエは浅場の磯際の方に流れてしまいました。
諦めて、クロハエ~二並と釣り客を迎えたが、支所船は再チャレンジへ!!

トンギリを回った、母島寄りで見つけ、若者2人が掬い玉に頭を入れ、固定してフック棒を引っ掛けました。
実は、私も最初に掬い玉を使うことは考えていましたが、恥ずかしながら磯で掬い玉を落としてしまい無かったのです(涙涙)

2人がかりで支所船に引き上げましたが、まさかこんなに大型とは??船頭さんの話では30Kgはあるのではとのことでした。
40年以上の磯釣り経験ですが、こんな出来事は初めてでした。
帰りに釣具店に寄り、部品交換と掬い玉一式を購入する羽目に・・・・トホホでした。
20190414172331945.jpg

category: 釣り

cm 2   tb 0   page top

終了 

クボリに替わったけど、大波でアウトです。今から昼寝です。

category: 釣り

cm 2   tb 0   page top

中バエで 

中バエで竿出しですが、吹きはじめました‼️

category: 釣り

cm 0   tb 0   page top

風速22mじゃと 

いつもと違い当日(16日)午前2時前に高知発で、中村FCで餌を購入して4時に支所船へ。
支所船は、上下左右に大揺れです。・・・・釣り人は色々あって3人のままで出港です。最初の3人の内2人は九州でフェリーが無くなったのを知らなくてアウトプンヾ(`・3・´)ノプン。
新規2人は愛媛の御仁と、これまったビックリの「フライマン」でした。ルアーマンは解るが、あのフライ針での釣りですよ!!

ようだいは置いといて、支所船は潜水艦ごとく柏島向きを激航・・・大ナダレでも、船に立っておれないほどの爆風で割込み決定。
大小前で様子見すると、何とか西側でも竿出しができそうで、フライマンが船着きへ・・・どうやって釣るのか??です。
↓ 少し風が治まった西側ですo(^▽^)o。
H31,3,16(3)
渡礁したスベリです。何とか突風も避けられて竿出しができました。
2度ほど後ろから海水シャワーの洗礼を浴びました。・・・・((((;゚Д゚)))))))
H31,3,16(1)
スベリからノコ向きです。最初は誰も渡礁できなかったようですが、・・・陸よりのタタミバエには愛媛の御仁さんが渡礁しています。
H31,3,16(4)
弁当船で近くのクジラバエに他船が下ろしていましたが、見る限りでは竿は曲がっていなかったようです。
H31,3,16(2)
唯一のお土産です。ハリス2号でタナは2ヒロ、突風のため2Bの仕掛人ウキに3Bを噛まして、沈ませながら流します。
珍しく潮が沖向きに流れており期待が持てました。餌も落ちるので、少し張り気味に流すと綺麗なウキ入れで第1号は25cmクラスの小長でお帰りに。・・・同サイズの小長は何度も竿を曲げてくれましたが。唯一のクーラーインは口ブーでした(涙)湧きグレも頻繁に表れましたが、口を使ってくれません(大涙)でした。
実家に泊ったので、高知に帰って腹を開くと、またまた白子です。!!・・・今晩の晩酌の肴です。
H31,3,16(5)

category: 釣り

cm 3   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

StyleKeeper