11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

年金磯釣り師

大掃除とお礼 

 本年最後の日となりました。田舎グレをてがいに行こうと思っていたが、奥さんがギブスをした左手を見せて、「年末の掃除は??」・・で急遽、我が家の大掃除と相成りました。
 仕掛人の割り当ては、外側のガラスとサッシの拭き掃除で、1年分の汚れを落とし、ついでに愛車5963号も水洗いをして新年を迎えることにしました。
 
 午後からは、愛竿もボナンザでコーチングしたが、有るは有るは6本のフカセ竿・・後、田舎に2本あるはずですが、使っているのは3本だけで、見事にホコリを被っていました。いつか使うこともあると保管しておきます。
H24,12,31
 本年は、いろんな意味で大変な1年でした。3月に現役を退き、釣りと田舎で農作業を行いながら、自然体で生活を続けることにしていましたが、ひょんなことで再就職をしてしまいました。現役時と違った刺激もあって、シンドイがやりがいもあった半年でした。
 釣りの回数は、前年より大幅な減で32回となっています。この原因は土日の天気不順もあるが、平日に休みが無いので行けなかったのが大きな理由と考えられます。1月からは、有給が10日有りますので、大いに利用するつもりでいます。
 
 この半年間、つたないブログをクラブの会員さんを始め多くの皆様方に覗いて頂き感謝でございます。一言苦言を申すならば、クラブのブログが全く更新されないことです。大会の結果も知りたいですが、音沙汰無いのは寂しい限りです。あるOB先輩が、かなりの「おかんむり」の様子でしたぞ!!新年会までには何とかしちょきよ・・知らんぞ~~!!

・・・と言うことで、来年も目いっぱい釣りをしながら、ちょっとだけ気楽にお仕事をしたいと考えていますので、新年もよろしくお願いいたします。
  元旦は、「おかんし??」・・意味不明の行事で出勤となった仕掛人からのお礼でした。
スポンサーサイト

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

竿納め 

 本年の竿納めに島まで行ってきました。メンバーは癒着マンとラッキョマンでした。結構な釣り人を乗せた支所船は弘瀬へ、泊りを乗せノコ廻りへ・・・少し南のウネリが残っていたが支障はなく、ノコ・ノコ3番へ泊りを降ろしカガリバへ。
「今日は、お客も多いし呼ばれるまで待とう・・」と船尾で一服。カガリバに4人組を降ろすと「仕掛人さん!」・と声が掛り急いで渡礁準備。・・で見ると今シーズン2度目となる「ヌクモリバエ」船頭さんへ「トシヨリバエ?」と尋ねると「ウン」との返事で納得の渡礁。
↓ヌクモリから見た朝日ですが、今シーズンに見れた、初の朝日です。
H24,12,29(3)
仕掛人のヒットポイントです。前回の大会同じ場所で、朝のうちは潮も流れており良い雰囲気でした。チョボに2人上がっていましたが頻繁に竿が曲がっていました。弁当船までは潮も動きメンバーも本命をゲットしていたが、仕掛人はイセギのみで、少しプレッシャーが掛り、弁当も食べずに釣り続けていた。餌取りは見えず一投ごとに餌はなくなるので、針上の20cmにガン玉5号を付け、仕掛人ウキ0号で張り気味に沈ませていくと、竿先に当りが出て本日第1号をゲットした。同じように流すと道糸が走り、ドラッグがジャー・・と右・左と走り回り、顔を
見せたのは「スマ」・残念ながらモンズマではなかったです。
H24,12,29(4)
しばらくは、沈黙の時間が流れメンバーをみると、ラッキョマンは頑張って釣っていたが、癒着マンは竿を立て掛けて行方不明に??タイムと思いきや
H24,12,29(5)
・・・居りました。一段上の平らな場所で爆睡中の癒着マンです。連日の缶詰会議で奮闘中らしく、どっと疲れが出たのと、上着をぬくほどのポカポカ陽気でしたから・・・一時間ほど降りてきませんでした。
H24,12,29(6)
隣のカガリバです。朝方は結構竿が曲がっていましたが、弁当船後は??・・です・
H24,12,29<br />(1)
納竿後のメンバーです。小ぶりですがグレは数枚釣っていましたが、ラッキョマン曰く「足摺サイズ」とのこと。

H24,12,29(7)
仕掛人の釣果です。こいつは「沖ノ島サイズ」が2枚と「スマ」とイセギでした。今回もS社の竿を使いましたが一言・・「強い」です。2号の5.3mですが竿を叩く強烈な引きでサンタを確信したので、道糸を出さず、溜めているとジワー・・と浮いて難なく取り込みができました。(50近くのサンタでした)
H24,12,29(2)

category: 釣り

cm 0   tb 0   page top

竿納め 

 本年の竿納めを29日に島でやります。メンバーは、ラッキョマンと癒着マンです。心配は、毎度の天気で、昨晩から「船は出るか??」・・の心配電話が二人からありました。

 昼前に支所の管理人さんへ電話すると、島に帰っており「船は出る」とのこと「天気は?」の問いには、「ん・・!!」で終わりでした。そっりゃあ~そうよ「風波男」が行くとなれば当然覚悟が必要です。

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

29日は? 

 平成24年も残りわずかですね。今晩は、仕掛人の職場の忘年会です。久しぶりのお城下で羽を伸ばす予定です。
 現役会員も明日で、缶詰会議も閉会とのことでなによりです。打ち上げや忘年会で忙しくなりますが、正月用のグレを求めて釣行する予定の方はいませんか??
 私は、癒着マンに頼まれ、本年最後の釣行として29日に島まで行く予定です。もし行けるのであれば、連絡して下さい。
 毎年、新年は実家で迎えていましたが、元旦に仕事の関係で高知で迎えることになってしまいました。恒例の磯から初日の出を拝むことが叶わなくなりショックです。

・・と言うことで、年金生活・・・再就職・・と予定外のライフスタイルになってしまい戸惑った1年でしたが、新年は、信念を持って背伸びをせず、焦らず、のんびりと仕事をしつつ、釣り三昧としたいです。

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

釣行パートⅡ 

 22日のリベンジで、24日に再度支所船へ、今回は善平先輩と親族の3名の予約でしたが、ところがどっこいで、総勢12名となっていました。メンバーには、愛媛の御仁、池○Jrもいました。福の神伝説健在・・となれば当然に風波男と繋がり、今回は3mプラスされ北西の風20mとなっていました。それでも竿が出せる磯があるのが沖ノ島の魅力です。支所船は姫廻りでしたから問題ありませんでした。
・・で、渡礁したのがヨウチエンです。池田JRも狙っていたようですが「年寄を大事にせ!!」・・で決まり。 
H24,12,24(1)
仕掛人が竿をだした場所です。前の三角との間を流すのと磯際で止めて釣る方法があります。渡礁して最初にしたのが3人揃ってパレードです。支所船で、結構長く揺られたので準備もそこそこで、場所を確認しながら順番に怒涛の3連発。
H24,12,24(2)
隣のコシカケには池○JRが、カバにも渡礁しており、この周辺が姫でも唯一竿が出せます。愛媛の御仁は、馬の背でスットン転んだようです。ここは、善平さんも今シーズンにスットンした磯で、ベテラン泣かせの磯みたいです。
H24,12,24(3)
潮は動いていなく、時々突風が吹きつける中で厳しい釣りとなりました。潮が手前にゆっくりと突っかかりだしたので、磯際でウキを止めていると、ゆっくりと沈み込み、少し待って合すと30クラスの本命をゲットした。
善平さんにはナイショでしたが、S社の竿下ろしでグレ竿の命名ができました。(竿下しは釣れんとのジンクスがあるとのこと)
 本命が釣れたので、善平さんへご機嫌伺いをすると、ダスばっかりとのことでした。
H24,12,24(4)
横のタイトプールには、小型ダスが沈んでおり・・・なにげなく見ると底のダスがピコピコと・・すると底からゆっくりと表れたのが、こいつでした。この時点で潮は干潮で沖には逃げれないのに??・・と思いながら近づき・・アップでパチリ。
H24,12,24(5)
近づいても、全く意に関していない様子でダスを丸呑みをして悠然と泳いでいました。善平さんの相方が、捕ると玉網を持って探すと、殺気を感じたのか、あっと言う間に居なくなっていました。
H24,12,24(6)
・・で、釣果はと言うと何とか3枚を数えています。善平さんもさすがで厳しいながらも2枚を釣っていました。隣のコシカケで6枚を釣った池○Jrが竿頭のようでした。御仁さんは、スットンしたのみのようでした。

category: 釣り

cm 0   tb 0   page top

釣行パート1 

 代休を含めて4連休の仕掛人でした。金曜日に開通した高速を通って1時間40分余りで中村着でした。実家で一仕事を済まして、土曜日に島まで単独釣行。予約時では、泊りが18人で片島発は私だけでしたが4人追加となっており福の神は健在でした。
 おまけに、風波男も健在で、北西の風17mでした。弘瀬で泊りを乗せ風裏のノコ廻りへ・・・・ところが、南のウネリが取れてなく大波。接岸には定評のある船頭さんも苦労したようで、カガリバ~ノコ・・大小と高い磯に泊りを降ろしても、まだ残っており最後は、弘瀬の離岸堤へ。
H24,12,22(1)
船頭さんの勧めと顔なじみの釣り師でしたから、ちゃっかりと泊り組と一緒に渡礁(堤)した仕掛人です。北西がビューついて一段下の弘瀬向きで竿を出しました。
 弁当船で磯(堤)を替るつもりが、波も治まらずトホホと相成りました。それでも35クラスを1枚と大ガシラをゲットし、お土産は確保できました。
H24,12,22(2)
離岸堤から姫を・・・これじゃあ~釣りになりませんよね!!立っているのが精一杯でした。
H24,12,22(3)

category: 釣り

cm 0   tb 0   page top

人間ドック 

 人間ドックに行ってきました。
 結果は・・・・日頃の不摂生で相変わらずの数値。中性脂肪・脂肪肝・尿酸値が赤マークで、胃はポリープが3個、おまけに膵臓?にが!!又、予想通りのメタボ通告となってしまいました。

 医者からは、「禁煙」・「アルコール控え」・「運動」を指導されたが、上の空の仕掛人でした。現職時代では、午後からは休みでしたが、12月までは休みが無いので、根性で下の穴に栓をして頑張っています。

3連休は、何が何でも行くぞ~~!!・・

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

買っちゃいました 

 奥さんケガの為、風呂当番や慣れない食器洗いで、島に行く気力は薄れ休養日となりました。まっこと奥さんの有り難味を痛感しています。う~~ん・・ヨイショ!!
・・で定番のぽかぽか温泉で汗を流していると、電気風呂に入っている男が、おいで・おいでをしているではあ~りませんか??視力0,2の仕掛人は、判別不能で、近づくと癒着マンでした。午後から仕事との事で、現職は大変ですね!!頑張ってくださいよ・・と言いつつ、仕掛人は、午後から釣具店巡りに行ってまいりました。
 
 いつもの釣具店に行くと、一人1回のみで一割UPの商品券を販売していました。今シーズンは、ほとんど島にも釣行していなく、ちょっとだけ財布に余裕があり、前々から気になっていた竿を買ってしまいました。

・・家に帰り、車庫の物置にある竿ケースに入れようとすると、何か視線を感じ振り向くと、カーテン越しに奥さんと長男が覗いておるでは、あ~りませんか。ニコ・・と微笑み返しをした仕掛人の目に写ったのは、・・・言えません。今日の晩飯は、外食と相成りました。(当然ながら、仕掛人負担です
H24,12,16

category: 釣り道具

cm 0   tb 0   page top

骨折じゃと! 

 今日は、勤務日です。トホホです。
 昨日、午後6時過ぎのこと、帰る準備中に携帯が・・・奥さんでした。「自転車でこけた、痛いので病院に行ったら手首が骨折している」・・とのこと。
 
 よりによって、年末に??「年末のスケジュールが大幅に狂うじゃんか!!」・・「釣りの」・・引きつった顔の仕掛人が居ました。
 
 全治1か月じゃと・・飯・洗濯・風呂・掃除ets分担するはめに。そんなこんなを考えて、帰って出た一言が「来週は、釣りに行くき・・かまん??」・・失敗しました。一言「大丈夫か??」が正解でした。
H24,12,14

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

餅つき 

 入所者と一緒に恒例の餅つきです。仕掛人も現職時にしましたが児童が対象でした。今回は○○でした。
 毎年お世話になっている必殺餅つき名人もボランテイアで来ていただきました。
H24,12,12(3)
 さすがです。スムーズな動きで、見る間につき上がっていきます。風邪の元祖の一人の白菌職員も慣れた手つきで・・・たいしたもんですね!!。ちょっとだけヘッピリ腰でしたが・・・
H24,12,12(4)
後は、「まかしっちょき~~!!」の皆さんです。お見事の一言でした。
H24,12,12(1)
昔とった何とかで、まっこと、あっと言う間に鏡餅、あんこ餅ができあがりました。
H24,12,12(5)
問題は、左の若いしです。「カーン」・・と響き渡る音でモチを打たず臼を打って、杵にヒビを付けたり、つきあがったモチを落としかけたり、こじゃんと仕切り役におごられていました。「これも勉強じゃあ~」・我慢・我慢
H24,12,12(6)
↓仕掛人も1回つきました。そのご褒美として3時のおやつに頂きました。「白」と仕掛人の提案の「よもぎ」です。
H24,12,12(2)

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

風邪 

 職場で風邪が流行しているようで入居者が心配な状況です。インフルではないので一安心ですが、最初に介護の白○職員が罹り、マスク装備・・・次に黒○事務員がマスク装備。余裕の仕掛人でしたが、水曜日から悪寒と咳が止まらず、ついにマスク装備となってしまいました。

 今日は、全員が予防のためマスク装備となりましたが、蔓延の発生元はどこ??・・の議論になり、白菌か黒菌かの意見が分かれてしまいましたが、罹患者の仕掛人は症状から推察すると、犯人は「黒菌」ですが、絶対「言われん」・・・女同士の争いは醜いですからね!!

category: 独り言

cm 0   tb 0   page top

片目でした 

 第1回大会に参加しました。貰った銀杏を実家で処理するため臭いを充満した5963号は、深夜1時過ぎに出発し、4時には支所船へ。支所船は、アルコールの臭いが充満し、おまけにイビキの大合唱でした。
 支所船は、泊りや他の釣り人で大繁盛の様相でしたが、・・・港で確認すると北の風12m・・で弘瀬で18m・・三ノ瀬は全滅の予想。
クジ1番の仕掛人が動きました。船頭さんへ、「泊りが降りたら、クジが1番じゃき~磯は言わんき、風が吹かんとこ」・・で、支所船は風裏のノコ廻りへ。泊りを降ろし渡礁したのが、名前のとおり「ヌクモリバエ」でした。
 渡礁したのは、癒着マンと久しぶりのアナゴ君でした。
H24,12,1(10)
 クジ1番の仕掛人が選んだのは、沖向きの場所で足場は良くないが、両潮できるポイントです。クジ2番の癒着マンは、奥の高場で、アナゴは船付きでスタートしました。
H24,12,1(8)
前のカガリバは、泊りが降りていました。支所船は行ったり来たりで、最後にカガリバの横に降りたのは、何と愛媛の御仁さんでした。(帰りの船内で来ていることが判明)
H24,12,1(7)
何となく、見上げると本島は白壁の要塞のようで、斜めに乗っている岩が不気味で、クワバラ・クワバラの心境です。
H24,12,1(1)
釣果は、とりあえず3連敗は免れました。私が準備中に本命を釣った、癒着マンが3枚でトップ。ひさしのアナゴは、サイズ不足が1枚でしたが、高級魚のアカバ?をゲットしています。私が話しかけて、こっちを向いた瞬間に竿を引ったくられる痛恨のバラシがあり、睨まれてしまいました。デカいきビビりますね。なんちやって!!
H24,12,1(6)
・・で帰港後の検寸状況です。クラブは25c以上でエントリーできますから、当然仕掛人も検寸しましたよ。サイズは、ヒミツ・・です。結構釣っていた会員がいました。後2回の大会で、延べ長寸で優勝が決まるルールです。
H24,12,1(3)
第1回大会の優勝は、初めての修行僧でした。尾長で優勝とのことでおめでとうございます。
H24,12,1(5)
・・・あくまでも、「その他の部」ですから、しっかしこの先輩は、「しわい」・・の一言です。52cmの「キツ」で一位の善平さんです。心に残る船頭さんの一言「善平さん・・また取ったがかえ!!」
H24,12,1(4)

category: 大会

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

StyleKeeper